需要がある

最近電力不足やエコが叫ばれる中、太陽光発電の需要が増えてきています。 確かに電力不足の解消に役立つとか手段とか、クリーンエネルギーだとか言われていますが、一番太陽光発電を入れる利点は、発電した電気を高額で買い取ってくれることでしょうか。 たしかに一時期比べて買い取り価格はだいぶん安くはなりましたが、それでも電力会社の電気代以上の値段で買ってくれるので、電気代の節約にもなります。 うちの家にも数年前に太陽光発電を付けましたが、その時の経験から一言書かせて下さい。 太陽光発電で一番重要なことはメーカーや性能もありますが、それ以上に施工がちゃんとされるかと言うことです。 これが意外と太陽光発電の肝で、施工がしっかりしていないと家自体が危うい事にもなりかねません。

太陽光発電の施工がちゃんとしていないと、まず起こることは雨漏りです。ちゃんとした施工業者なら、太陽光のパネルをつけるために専用の固定金具を使うのですが、手抜きをする業者なら、直接瓦に穴を開けて固定してしまうために、雨漏りを起こすのです。 又そういう止め方をした物は強度が弱く、強風が吹くと太陽光のパネルがめくれたり、飛ばされたりすることもあります。 あと、設置工事がいい加減のために、太陽光パネルと瓦の間に適当な隙間が取れずに熱が貯まり、夏などは家全体が高熱になることもあります。 最近は法律が管理厳しくなり、そういういい加減な業者は少なくなっていると思いますが、いくら安い費用で設置施工をしてくれると言っても、しっかりと内容や工事状況を把握しないと、後で大変な目に遭うこともありますので、よく検討してから太陽光発電の施工を頼むようにしましょう。